薬剤師やってます。

勤務・薬局経営を経験した薬剤師が業界の話題からつぶやきます。子供を亡くしたため、精神世界のハナシもあるかも。

1分でわかる/認知症の薬

ドネペジル(例 アリセプト錠)、メマンチン(例 メマリー錠)

日本ではとっても良く処方される薬。

でも、おじいちゃん、おばあちゃんの認知症が治ったというハナシはあまり聞かない。

 

フランスでは、これらの薬は健康保険が効かない。だから、飲みたい人は自費。

 

世界中の製薬企業は、認知症の薬を開発して儲けようとしている。しかし、βアミロイドの研究から開発する方法は、どうも失敗したらしい。だから、あんなに流行った”βアミロイドが脳にたまる”、という記事は見かけなくなった。

その代わり、ミクログリアを研究する方面で、新薬の臨床試験が進んでいる。

 

ところで、日本では年々増加している認知症だが、

イギリスでは、3割も減少していると発表された。10年前からの「禁煙」キャンペーンとパン製造業界の協力を得た「減塩」の成果なのだそうだ。

 

要するに、体に悪い事をやめれば、認知症にはならない、ということ。

タバコを吸って悪い空気にし、ゴミをまき散らして悪い水を飲み、ストレスをため込んでメタボになる。

その反対をやればいいだけの事なのに。

薬が効かないといって病院に文句いう前に、

日本もイギリスを見習うのが先なんじゃない??

 

1分でわかる/メンタル系の薬

メンタルの病気は

不安症

気分障害→ 抑うつ、躁病

脅迫症

醜形恐怖症 ため込み症

パーソナリティー障害

統合失調症

小児性愛障害

露出症

・・・

ここまでくると、病気なのか、性格なのか正直言ってよくわからない。

薬は

SSRI→ 脳内でセロトニンを減らないよう調節します。

         「選択的セロトニン再取り込み阻害剤」

5HT遮断薬→  これもセロトニンを調整します。

副作用→ 長期服用するとダウンレギュレーション → 要するに、効かなくなります。だから、むずかしい。

無い手が痛む「幻視痛」(例 インハンドの山下智久 痛みにもだえ苦しむ姿が印象的ですね)にも効く SSRI 「痛み」にメンンタル薬が効くのですから、ホント、体って不思議!

 

 

1分でわかる/ステロイド内服薬

副腎皮質ホルモン内服薬(ステロイドともいう)には 

「リンデロン錠」「レダコート錠」「プレドニン錠」 「セレスタミン錠」

 外用薬に比べて種類は少ない。

効果は高いが、副作用も強い。「両刃の剣」正にこのこと!!

自身のホルモン分泌は深夜から早朝に → この時間にフィードバック機構が働く→

血中濃度が高まりすぎると”分泌を控えなさい”との指令 → 自身の副腎が萎縮してしまう→

フィードバック機構の”監視の目”を避ければよい → 薬をのむ時間は 朝食後 

 

さらに、なるべく減薬がベター。

 

いずれにしても、素人が増やしたり、止めたりするべきじゃない薬。

分かりやすく説明できる医療者が回りにいる人は、病気に立ち向かえる人。

1分でわかる/甲状腺の薬

甲状腺・・全身の活力の源 のホルモン(レボチロキシンなど)を分泌している。

 

甲状腺の機能が亢進 →  バセドウ病(自己免疫疾患)日本人に多い、

             芸能人にも(岩崎宏美さんなど)

→ 甲状腺を抑える薬をのむ・・チアマゾール(例 メルカゾール錠)

→ 又は、甲状腺を切除 → その後はホルモン剤を飲み続ける必要あり。

 

甲状腺の機能が低下 →  橋本病など → ホルモンを補充する →レボチロキシン(例 チラーヂン錠)を服用する

どちらにしても、チラーヂン錠は必須な薬剤・・あすか製薬1社で生産している。

あすか製薬が健全に存在し続けることを祈ります。。。

1分でわかる/日焼け止めの成分

紫外線を散乱・反射させるタイプ・・酸化亜鉛、酸化チタン→塗ると皮膚が白くなる。

        (白くならない改良品もあるようです)。かぶれにくい。

紫外線を吸収するタイプ・・メトキシケイヒ酸オクチル、シメチルPABAオクチルなど

        →5%にかぶれ。効果は高いです。

指標→  SPF・・1から50まで  UVBをカット

     PA・・+から++++まで UVAをカット

日常生活なら、SPF15~20 PA++程度で十分。

紫外線の知識→UVA・・315~400nm(ナノメーター)シミシワのもと。

       UVB・・280~315nm     白内障のもと。

       UVC・・200~280nm    殺菌効果があり、有害ですが、

            オゾン層でカットされるため、地表には届きません。

日焼け止めは3時間毎に塗り替える事をお勧め。夜は、しっかりクレンジングクリームなどで落としましょう。

*お肌のためには日焼けサロンはお勧めできません(この1行のみ日本皮膚科学会HP)

 

       

 

1分でわかる/血液サラサラの薬

1次・・ワーファリン→納豆や青汁はダメ、定期的に検査が必要。

   少量のアスピリン、クロピドグレル(例 プラビックス錠)

2次・・DOAC(Direct Oral Anti Coaglant)  心房細動などで大きな血栓ができるのを

     予防 →効果は高いが値段も高いです。

     タビガトラン(例 プラザキサ錠)

     リバーロキサバン(例 イグザレルト錠)

血液が固まりにくくする効果であるため、手術前には服薬を中止しなくてはなりません。

抜歯など、小さな手術の場合は、中止しなくてもよい場合もあります。

この薬を飲んでいる人が転倒した時は、2~3日間は安静に。あとから予期せず脳内出血が見つかる場合もあるので。特に、高齢者は周囲が注意してあげましょう。

1分でわかる/胃腸薬

胃の中は強酸→酸が食道にもれる→GERD(ガード)逆流性食道炎

酸が胃自身や十二指腸を荒らす→潰瘍

どちらも胃酸をブロックすればいい

H2ブロッカー→ ファモチジン (例:ガスター

 PPT(プロトンポンプインヒビター)→ タケプロン (例:ランソプラゾール)

 

H2ブロッカーよりPPTの方が効果が強いので、

処方されることは多いです。

けれど昨今、認知症の原因になるのではという意見があり、

「高齢者には注意が必要な薬」のリストに入っているのです。

にもかかわらず、「再発を繰り返すGERDには連続投与可」となっているため、

意味もなく漫然と一包化の中に入っているのを良く見かけます。

ぜひ、チェックして下さいね。