読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師やってます。

勤務・薬局経営を経験した薬剤師が業界の話題からつぶやきます。子供を亡くしたため、精神世界のハナシもあるかも。

高い?安い?

人工透析にかかる医療費 外来血液透析で1年間 約500万円かかるといわれています(全腎協)。そして、一生続くわけです。50歳台で人口透析を始めるとすれば、30年間透析を続けたとして、かかる医療費は1億5000万円。(自己負担額は、0円。保険と税金で賄われている)

C型肝炎の薬は、ソバルディー1錠 約62000円、ハーボニー約80000円。

12週服用するので、薬剤費は約520万円。しかし、100%治ると言われています。(助成があるので、自己負担は1~2万円/1ヶ月。)治療費が仮に1000万円かかったとしても、透析に比べたら、安いもの!

それにしても、

医療費はいったい、無限なのですか?と問いたくなります。

医療を受けつつ、働かなければならない、

働かなければ、医療を受けられない時代に、きっと、なりますよ。

 

 

 

予防に保険が使えれば。。

京都府立医科大は、子どもの近視の進行防止に効果がある点眼薬を開発するため、臨床試験を進めている。海外では低濃度のアトロピンで予防効果があるとの報告があり、国内でも効果を確認する。2016年1月22日 (金)配信京都新聞

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アトロピン・・本来、体の中にあり、通常、神経内で、必要時、分泌されている成分。

理科で習うかなあ?瞳を開かせる作用があり、目の検査の時など使用します。

近視の予防に効果があるとなれば、快挙ですが。。

 

きっと泣くだろう

阪神淡路震災から21年。ふた昔前の災害、昔のことじゃないか、という人もいるだろう。行政は役に立つ支援をちっともしてくれない、という人は現場の人。

blueは思いだす。震災で孤児となった女の子の養女の話。

震災で親を亡くした時10歳だった女の子が、20歳になった、養女にどうか、という。それはそれは、胸をときめかせて女の子が来るのをblueは待っていた。

でも、女の子は養女に来なかった。

 

あれから、又、10年が経った。

 

震災孤児のほとんどは、親戚に引き取られたそうだ。

3・11震災孤児1698人のうち、施設入所はたった2人。

親戚とはいっても、その親戚も身内を亡くし、職を失くしている場合がある。幸せに暮らしているかどうかはわからない。きっと、支援は必要なんだと思う。

 

blueは 確信する。

関係ある人もない人も、泣きながら遺品を見つめている人の背中を見たらきっと、いっしょに泣くだろう。同じ人間だから。

ドローン 遊び

国家戦略特区として千葉市を指定し、ドローンを使った宅配ができるようにすると発表。

カメラをドローンで患者宅に運び、その画像をみながら医師などが遠隔指示。

薬をドローンで配達。

など、色々おもしろい事ができそうだ。

ただ、薬局のおやじは、エアガンでドローンを打ち落としてやる!と。

さあ、どっちに味方するか?

 

日本版CCRC  明けましておめでとう。今さらですが。。

 

高齢者の地方移住後押しを明記 1県3市が検討開始  :日本経済新聞

CCRCは(1)高齢者が住みやすい大型施設を造る「施設型」(2)狭い地域に個人住宅を集める「エリア型」(3)小規模自治体全体で機能を担う「タウン型」――の3種類。バリアフリー施設や見守りサービスなどを用意。ボランティアや生涯学習の取り組みも支援する。首都圏で暮らす高齢者の地方移住をうたった民間の「日本創成会議」の提言。

 

高齢者の地方移住後押しを明記 1県3市が検討開始  :日本経済新聞
2015/6/13 0:21日経

 

賛否両論。blueは今だに決心がつかない。現在の「環境」も決して極上ではないけれど、それを捨て去り、地方に移住して、もし、もっと悪くなってしまったら。。。

若くはない我々が辛くなく生きていけるのだろうか?せめて親の最後は看取ってあげたいし。

人生は「全て賭なのだ、」と割り切ってきたのではあるが、なかなかどうして、、、

最近こういうのが多いなあ!

参考 石破茂 ブログより ・・都市の住民の方に移住のご希望があり、地方に受け入れの意思がある以上、それを阻害している要因を除去して希望実現の環境を整備すべきだと言っているのであり、強制するものでも何でもありません。 

里親・・・SIBという視点 

里親の年齢制限は25歳以上65歳未満と幅が広く、児童養育の経験があるか、保健師、看護師、保育士等の資格を有していれば、独身者でも里親になることができます。

横須賀市では、社会的擁護が必要になった子供たちのほとんどが児童擁護施設に入所している。そこで、新たに4人の特別養子縁組を成立させることを目指すのが、今回のSIBだ。

良い発想のようだけれど、どうしてなかなかむずかしいそう・・・・

純潔という鈍感

「自分をイノセントと信ずるような鈍感な精神の持ち主こそが、結果的には酷いことをしがちなのである。」

臨床の詩学 春日武彦

 

「慣れ親しんだ気楽な場は、パラドックスの場 でもある。」

同抜粋

最近の読書感想。すごーく、強く同感。