薬剤師やってます。

勤務・薬局経営を経験した薬剤師が業界の話題からつぶやきます。子供を亡くしたため、精神世界のハナシもあるかも。

死に方は、職業と関係ない

www.nhk.or.jp

blueの師匠の最期も似ていた。

師と仰ぎ、尊敬していた人が、弱くなり、涙を流し、必死にしがみつこうとする・・

最終的にはがんが脳に転移して、あるいは鎮痛剤が作用して、せん妄が現れ、本来のその人ではなくなってしまうんだ。

そうとわかってはいても、なんだか、自分の軸の部分がガラガラと壊れてしまったようで・・

自分の存在は、気づかないうちに周囲の人の価値観から作り上げられているのだと思う。

頭の中のシナプス接続のように複雑に。

わからないから悪魔のしわざ・・ではすまされない、今の医療。

認知症の方と話をしたり、契約したりする機会が多いケアマネとしては、脳の働きを知る必要がある(自分なりに)と考えます。が、考えれば考えるほどわからないのが脳。

ある老人ホームで:

・・彼「ここに入って」自分の腕を指さす 「ここに来るんだ」と今度は足の親指を指さす。「協力者はいる。だからいつかはできるんだ」とうなずく。

・・スタッフ「それは、今夜されるんですか?」

・・彼「いや、今日はしないよ」

・・スタッフ、安心する。

 

ある若年性認知症の方との会話。

彼はみたところ、どこも悪くなさそう。普通の男性にみえる。周囲の人との会話も普通にできる。でも、上記のような行動を取るのです。マカ不思議。

 

病名不明の彼女の家で:

・・看護師「お熱測りましょう」

・・彼女「いいです。帰って下さい」

精神病院に入院して

・・スタッフ「お食事しましょうね」

・・彼女「いらないって言ってるでしょ。帰って下さい」

 

彼女は、数年間同じセーターを着たまま着替えなかったセルフネグレクトです。ひたすら拒否をするのです。汗と垢で皮膚にカビが生えても、暑さ寒さ、痛さ痒さも感じないのです。でもジュースなど置いておくと飲むので、空腹は感じるようです。ある特定の事柄に関した会話だけは普通にできるのが、又、マカ不思議。

 

全く別件ですが、卵巣奇形腫の女性の抗NMDA受容体脳炎 というのを最近知りました。昔、魔女といわれたが、実は、この病気だったのではないか、という。腫瘍を取り去ると脳炎の症状が治るようです。

神経内科の先生も卵巣腫瘍を診断しなければならない時代になったといいます。総合診療科を標ぼうしている病院が多くなりましたが、専門かつ総合的能力でAIに対抗!

これからのお医者さんの姿ですね。

 

AIとか、ITCというけれど、悩むなあ

照明つけるだけで誤作動  ・・・病院のテレメーターが照明の電波やスマホ使用により

誤作動する、という。入院中の人の命にかかわる問題。日経9月10日

 

AIスピーカー グーグル日本上陸・・・AIスピーカーは日本語を理解し、話しかけるだけで家電製品を操作したり、音楽やニュースを流したりする機能があるという。日経9月11日

 

いずれにしても、AIが普及していく流れは止まらないのは確かです。

氾濫する電波を、どうやって制御するのか、制御できないまま、進むしかないのでしょうね。

 

最近、辞書を引いたことがありません。ググった方が楽だし、医薬品添付文書の検索も、昔は厚い添付文書集がメーカーから送られてきたものですが、今はそんなものは存在しないでしょう。変化がありすぎて、メーカー自体が存在し続けることがむずかしくなっているし、添付文書アプリで検索したほうが正確で速いですからね。

一方、電波から取り残された高齢者が、我々のお客様です。

このギャップ、どう扱うか、悩むなあ。

 

 

 

少ない報酬の取り合いですウ

介護度改善で報酬上げへ 利用者の自立評価・・・・日経9月7日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

要介護度が、例えば2の人が1に下がると、該当事業所にご褒美がもらえる仕組みを作る、ということらしい。

以前から役所では検討されていたが、業界の見方は懐疑的。

想像されるのは、まず、悪くなりそうな人が敬遠されるだろうということ。

良くなるのは、入院中に介護調査を受けた場合。当然、介護度は高く認定されるが、

退院して疾病が治れば介護度は下がる。別に事業者が努力せずとも、ご褒美がもらえてしまう!

一方、いくら努力しても、90歳の人の介護度が改善するとは思えない。

ンン、ということは、利用者によってもサービス度合いを変えるという現象が起きるのか?

いずれにしろ、どの程度の報酬金額になるのか、によりますねえ。

悲しい程の少額であれば、こうして書いていることさえ、バカらしい・・・

ベーシックインカム(BI)の財源

単純に計算して、もし日本国民全員1億2679万人がBIとして月7万円をもらうなら、年間約106兆円が必要になる。月28万円ならば約426兆円と途方もない額になり、そもそも2015年度の国民所得は338.5兆円なので、まったく現実味がない。
 2014年度の社会保障給付費の規模は112兆円ほどである。仮に、老齢年金・介護保険等(54兆円)、児童手当等(5兆円)、生活保護その他(3兆円)、失業手当(1兆円)など既存の社会保障をすべてBIに置き換えれば、7万円にはなる。ただし、社会保険料収入は65兆円しかなく、税収は不足し多くは借金で埋めているため、持続可能ではない。そもそも、既存の社会保障をすべてBIに置き換えるのか、一部を並存させるのかという点についても、議論が分かれるだろう。東洋経済オンライン平松 さわみ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

AIの発展→失業→ベーシックインカム(BI)

という構図らしい。

生活保護費の支給のために現在かかっている調査や事務のための費用が不要になる分、財源として充てられるという記事もあるが、きっと、金額は大きくはないのだろう。

そうすると、増税しかないという事にかわりはない。

今だって、十分すぎる税金を引かれているのに、なぜ、とサラリーマンは思う。

AIは、賃金が高い分野に取り入れられる。賃金が安ければ、機械やロボットにとって代わられることはない。だから日本の介護業界は、ロボット化しないのだそうだ。しかし、AI化より失業率の低下が先に進むと、BIの可能性は高くなるかも。

 今でさえ、働く意欲が沸かない社会なのに、さらに増税で、BIの7万円もらってもねえ・・・

 ところで、現状の、生活保護の審査はちゃんとしてほしい。

担当している生活保護世帯の老齢男性、この人はいいとして、息子も保護に便乗しているし。彼は働こうという努力はしていない。この人ばかりでなく、便乗型が大勢いると思うと、納得できない気持ちになるよ。

 

教訓:健康を保つには、収入より食事を作ってくれる人が大事

地中海食による心血管疾患リスクの低下は高収入の人や高学歴の人でのみ認められ、低収入の人や低学歴の人では認められなかった。地中海食によって同リスクは高収入の人で61%、高学歴の人では57%低下することが示された。(ケアネット記事より International Journal of Epidemiology」8月1日オンライン版に掲載された。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

地中海料理の材料は値段が高いから、ということらしい。

この結果から、地中海食による「効果」は、

定収入・低学歴の人には望めない、

要するに、あまり一般的ではないということか?

 

別件ですが、

高学歴、高収入であると想像できる医師が、血管リスクありそうな体形、百貫デブ、の場合、我々コメディカルは患者になんて説明すればいいだろう?

「あの先生、忙しすぎて奥さんに逃げられて、食事の管理ができないのよ。あまりご迷惑かけないようにしましょうネ!」

とか・・・

 

 

 

獣医学部の許可がラッシュ

現在・鍼灸院の数はコンビニの数より多い。

将来・動物病院の数はコビニより多くなる かもしれない。

そうしたら、牛を飼おう。

話は脱線するが、

牛は動物で一番泳ぎが得意らしい。徳之島では筏に牛の草を載せて、牛を泳がせて引っ張るという(昔話です)。そうやって、瀬戸内海の人達は徳之島から牛を買っていたのだとか。

それならどうして、太平洋戦争インパール作戦で原住民から借りた牛が川で半数もが流されてしまったのか?牛の操り方が下手だったのかも。

牛が流されなかったら、食料補給ができなくてもイ作戦は成功した?まさかそんなことはないだろうけれど。信じられない無謀な計画だったとNHKスペシャル「戦慄の記録 インパール」で報道されたが、本当なのだろうかと疑ってしまう。

ところで、

 東京さ行って土地さ買って、ベコ飼うだ♪

と歌にもあるし。

将来は老人ホームの跡地に牛飼おうかな・・