読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師やってます。

勤務・薬局経営を経験した薬剤師が業界の話題からつぶやきます。子供を亡くしたため、精神世界のハナシもあるかも。

学習は脳にダメージを与えるNature Neuroscience

若い頃の私はおバカな薬剤師でした。

そのおバカな子が結婚をし、子供ももうけました。

その子はおバカな息子で、19歳の春に死にました。

 

私の人生はその瞬間にイ短調 となりました。

 

生物の実態は、実は遺伝子です。

遺伝子のただ一つの望みは、自分の複製を世に残す事。

その「望み」を達成するために脳が作られるのです。

それなのに、私の遺伝子E子は、「望み」を断たれてしまった・・・

E子は、選ばれなかったのです、この世に子孫を残す者として・・・

 

それなのに、それなのに、おバカな脳は、相変わらず毎朝、目覚め、

酸素を取り入れ、排泄するよう各部署に指令し・・・

ホントにおバカ。

 

もう、続ける必要はないんだよ。

 

酸素を吸う事を止めれば、CO2の濃度は上がり、脳内にはモルヒネ様の物質が分泌され、お花畑の中を、息子のいる世界へ歩んで行ける。

 

わかっちゃいるのに、止められない、

今日も朝食を食べました。なので、あと、1か月以上生きる予定が確定。

 

そういうワケで、安楽死のHPなどをさまよううちに、

http://wired.jp/2013/03/29/learning-hurts-your-brain/

 

なるものに行きあたりました。

うなずける部分あり