読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師やってます。

勤務・薬局経営を経験した薬剤師が業界の話題からつぶやきます。子供を亡くしたため、精神世界のハナシもあるかも。

不定愁訴

開局薬剤師をやっていて、OFF時間に話しかけられる話題No1 は、

「*の母A ってどうですか?」

という質問。

blueが若い母親であった時は若いお母さん達から、

古い母親になってからもご年配のお母様から。

 

*の母A は売れているのでしょうね!

でも、購入したお店では「効くのでしょうか」とは聞きにくい?のかな?

不定愁訴の中身は色々ですが、老いも若きも女性は皆、かかえている、という事でもあります。

 

*の母A が漢方薬であると勘違いしている人も意外と多いですが、生薬であり、漢方薬ではありません。

漢方メーカーのツムラが主催する漢方研修会にblueも時々参加させていただいておりますが、不定愁訴はやはり、漢方薬が良いように思います。

 

ちなみに、blueが学生の頃は、生薬学 はありましたが、漢方薬学 は単位がありませんでした。ゼミで一部の学生が勉強するのみでした。ゼミを履修しておけば良かった、と後悔している事の一つです・・・・