薬剤師やってます。

勤務・薬局経営を経験した薬剤師が業界の話題からつぶやきます。子供を亡くしたため、精神世界のハナシもあるかも。

お薬「ジェネリック医薬品」のはなし

調剤される薬剤のジェネリック品の話題:

 

参照価格制度にするべき?(国では検討しているらしいが・・)

 

薬局で先発品(高い価格の薬剤)を選択した場合は、ジェネリック品との差額を患者が負担するというもの。さらなるジェネリック品使用率を上げよう!というわけ。

 

しかし、薬剤師会や医師会のお偉い方ご本人が、ジェネリック医薬品への代替は断っている、といううわさがある。なぜって、それは、品質に差があるからではないでしょうか?

 

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201306/2013060300840&g=soc

 

(治療に使用したミノマイシンジェネリックだったから、死者が・・とコメントあり。ツイッターより)

 

 でも、、もしかして、品質どころのさわぎではないのかも・・

政府が破たんすれば、ジェネリック品うんぬんどころか、医療保険制度が崩壊するのですから。

それを考えると、保険で医療を提供するに当たっては、制限を設けるのもやむをえない、と思います。

 

アベノミクスで儲かって笑いが止まらない企業があるなか、中流階級者までがドロップアウトしてゆくこの頃。

 

兎に角、社会保障費、税金を軽くしてほしい!!

切望!!