薬剤師やってます。

勤務・薬局経営を経験した薬剤師が業界の話題からつぶやきます。子供を亡くしたため、精神世界のハナシもあるかも。

命の価値

 神奈川県は11月2日に開院する新しい県立がんセンター(横浜市旭区)内に、来年4月から「漢方サポートセンター」と「がんワクチンセンター」を開設すると発表した。

...........................................................................................................................................

 

がんワクチンセンターでは、「がんペプチドワクチン療法」の臨床研究に取り組む。この治療法は、〈1〉がん細胞の表面にあるたんぱく質の一部分(ペプチド)をワクチンとして合成〈2〉ワクチンを患者に注射することで、免疫細胞にがん細胞が増えたと認識させて免疫力を高める--という仕組み。副作用が少ないとされ、手術による外科治療、抗がん剤などの化学療法、放射線治療に続く「第4の治療法」として注目されている。(M3より)

..........................................................................................................................................

ワクチンは、まったく意味なし、と否定する人もいるけど。でも、可能性あればやってみたい気持ちはわかります。問題はお金ですよね。

「死にたい」人を死なせてあげて、その分の医療費、「生きたい」人に回したら良いと、思うのですが。

blueは喜んで、自分の医療費を「生きる価値ある人」に提供します。(まだ癌になっていないですが・・)将来は

命の価値=金額 となるのは間違いないでしょう。

人は、経済力がない時、たとえば自分の子供の命を寿命と諦める事ができるのでしょうか。それとも、情報開示せず、医療を提供する側が命を切る国になるのでしょうか?