読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師やってます。

勤務・薬局経営を経験した薬剤師が業界の話題からつぶやきます。子供を亡くしたため、精神世界のハナシもあるかも。

TPP ジェネリック医薬品はどうなる?

MSF(国境なき医師団)必須医薬品キャンペーン米国マネージャー、ジュディ・リウス・サンフアンは次のように述べている。 「米国は、前政権が過去の通商協定において一部の途上国に行ったのと同様の譲歩を、修正後の条項案で提示しているといいますが、実のところ、現行案は、そうした過去の通商交渉の協定よりも有害なものです。こうした表面的な譲歩からわかることは、米国政府が公衆衛生を懸念する声に依然として耳を貸していないということです。修正後の米国案は、やがて環太平洋地域の貧しい人びとに壊滅的な影響を及ぼすでしょう。承認すべきではありません」MSFホームページより

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

MSFからはドシドシとDMが届きます。全世界の医療機関・関係施設に送付しているのでしょうから、すごい資金力と感じます。

それはさておき、早くいえば、エイズのジェネリック薬を後進国が購入できなくなるという事を危惧しているのですが、

逆にエイズのキャリアを増やしているという事はないのでしょうか?

安い薬に代えるのは良いのですが、製薬企業をつぶしてしまっては、患者様を救うことはできなくなるところが、むずかしいですね。