読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師やってます。

勤務・薬局経営を経験した薬剤師が業界の話題からつぶやきます。子供を亡くしたため、精神世界のハナシもあるかも。

認知症には誰だってなりたくはないよね。

 できてしまったβアミロイドをなくしてしまおうというのが、バピネオズマブとソラネズマブ。どちらもβアミロイドに対する抗体だ。武蔵野大薬学部教授の阿部和穂氏は、「投与した抗体が脳に入り、βアミロイドに結合すると、ミクログリアという免疫細胞が貪食してβアミロイドが取り除かれる。ただし、抗体の効果は持続しないので、何度も繰り返し投与する必要がある」と話す。現在はどちらも第3相試験の段階だ。2011年日経メディカル

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日のNHKでガンテネルマブの早期、予防的投与がアルツハイマーに効果があるという内容の特集をやっていました。

現在はアリセプトなどアルツアイマー型認知症の進行を抑える程度の効果の薬しかない日本。しかし、発病を抑える薬が発売されたら?予防薬は保険適応ではないので、自費になるのかな?

40歳検診、とかやってβアミロイド量を測定、発症確率の高い人は自費で予防薬を服用する、ということに将来はなるのでしょうか?

売れるでしょうね。製薬企業は、笑いが止まらない・・・脳炎の方は解決できたのですね、きっと。