読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師やってます。

勤務・薬局経営を経験した薬剤師が業界の話題からつぶやきます。子供を亡くしたため、精神世界のハナシもあるかも。

悲しむ人

悲しみもまた、「幻想の崩壊」に対する一つの反応である。悲しみが「怒り」と異なっているのは、この崩壊をもたらした原因に対するおのれの無力さが容認されている点においてである。幻想への執着はあるものの、その回復を断念している状態が悲しみである。
悲しみに打ち沈んでいる者は、外界のことにも自分のことにも無関心になるが、それは抑圧された怒りの表われである。

『続・ものぐさ精神分析』 岸田秀(中公文庫)抜粋

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はい、その通り。そしてその後は?「悲しみに打ち沈んでいる者」はいったいどうなるのか?あなたなら、どうやって「その者」を救うのか?

抑圧された怒りを表象させる?

でも、それは反社会的行動かもしれない。

 

社会に順応するためには、「悲しみに打ち沈む者」を続けなければならない、多分。