読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師やってます。

勤務・薬局経営を経験した薬剤師が業界の話題からつぶやきます。子供を亡くしたため、精神世界のハナシもあるかも。

H26年12月30日 救急車稼働 最多

救急隊出動が過去最多

全国で救急隊が出動した件数は去年、590万件を超えて4年連続で最も多くなり、その影響で救急車が現場に到着するまでの時間は8分30秒と、これまでで最も遅くなっていることが総務省消防庁のまとめで分かりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その中でも30日9時~15時が最多。75歳以上が80%。病院はパニック(不明の情報元より)。

原因は気圧の低下、介護事業者や開業医が休みに入ったことも影響?

事業所の患者さん達は通常とおりでした。普段から、「30日は危ないから気を付けて」と予告していた効果もあったのでしょう。

救急と騒ぐけれど、予測できるコトなのですよ。そして、困った時に相談に乗ってくれる専門家がいれば、救急搬送しなくても済むことも多いはず。

本来の救急活動の有効性をそいでいるのは、行政の問題ですね。やたらと予算を使い、救急車を増やしても、病院の資源が有限なのだから・・とは、政治にシロウトだから言える事なのでしょうか?

ナンでも、blueの街では、救急車どうしがサイレン鳴らしながらすれ違う光景、みものだったとか。。