読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師やってます。

勤務・薬局経営を経験した薬剤師が業界の話題からつぶやきます。子供を亡くしたため、精神世界のハナシもあるかも。

薬局でもらう処方薬のキホン

病院、クリニックの中から、直接、処方薬を渡す・・院内処方(技術料金は安い)

病院、クリニックから処方せんを患者に渡し(処方せん料は請求される)、患者が薬局に処方せんを持参し薬をもらう・・院外処方

日経ヘルスケアの記事によると、クリニックで院内処方を出す場合、その収入で薬剤師を雇用すると赤字になる。

患者からみると、院内処方の場合、料金が安くなる。

しかし、考えてみてほしい。

患者さんは処方せんを渡されて、処方内容を見ることができる。

コピーして薬をチェックすることだってできる。

更に、薬局でもチェックする。

ということは、病院・クリニックから見ると、自分の不良在庫をはくためや、利益のために処方を出す事ができないということ。

この外部監査システムは、民にとって、とても大きいメリットなのです。

院内処方のシステムを採用している病院は、「患者のため」という傘のもと、患者をバカにしているのですよ。

どうして、日経はその基本を書かないのでしょう?