薬剤師やってます。

勤務・薬局経営を経験した薬剤師が業界の話題からつぶやきます。子供を亡くしたため、精神世界のハナシもあるかも。

サービスの対価

www.nikkei.com

レセプトのオンライン請求が終わり、今月期も「後発品割合」が一定以上であった事に安堵した今日1日でした。

悪評高い、後発品=ジェネリック医薬品ですが、医療費抑制に本当に役立っているのでしょうかね?メディアでは、医者自身は後発品を服用しない、などとまことしやかに報道しているようです。マダム達はすぐ鵜のみにする、、といいながらも、blueの家族も後発品を服用するかどうかはかなり吟味してからです。

一方、お年寄りと生保には、兎に角、一番安い後発品。値段が高いとクレームだったり、指導が入ったりするので。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、話は変わり、介護のケアプラン作成料・・ですが。

又、有料化論が浮上。

そもそも、「ケアプラン作成」自体は、誰でもできそうな、簡単な表つくり作業です。

どこが腕のみせどころか、というと、ちょっと説明がむずかしいキャリアや情報ルートによる物だったりします。

それは、サービスという名で呼ばれる物で、形の残る物ではないだけに、サービスにお金を払う習慣のない日本では、有料化はかなりむずかしい。。。

パートが多い、一般のケアマネージャーには、一部有料なんて説明をして納得してもらうのはおそらく無理でしょうね。。

当社では、利用者負担が決まった時点で、自己作成を勧める方向ではないか、と思います。自己作成ができない利用者のみ、ケアプラン作成料をいただいて、ケアマネージャーをやる、という具合に。

自己作成は、1割くらいかな。。

非常にワリの合わない仕事になる事は確実のようです!