読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師やってます。

勤務・薬局経営を経験した薬剤師が業界の話題からつぶやきます。子供を亡くしたため、精神世界のハナシもあるかも。

2つの新規不眠症治療薬

米国・メルク社のAnthony L Gotter氏らは、睡眠導入について、標準ケアの非ベンゾジアゼピンガンマアミノ酪酸受容体A(GABAA)受容体モジュレーター、エスゾピクロンとデュアルオレキシン受容体拮抗薬(DORA)であるスボレキサントを比較する前臨床試験を行った。結果、DORAはノンレム睡眠とレム睡眠の両方について、同程度の割合および大きさで促進することが示されたという。結果を踏まえて著者は、DORAは睡眠障害からの回復を楽にする効能がある可能性を報告した。BMC Neuroscience誌オンライン版2014年9月22日号の掲載報告。ケアネット

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1年前の記事ですが、ここで自身のメモの意味で。

エスゾピクロン(ルネスタ錠 エーザイ)は抑うつ作用があったのですね。

添付文書には記載されていないけれど・・・

一方、DORA(ベルソムラ錠 MSD)は覚醒推進作用を抑制するという作用機序で、「睡眠障害を楽に回復する」というのですが、効かない、という患者も。

 

睡眠薬、薬だなの在庫の種類もずいぶんと以前とは変わったものです。

過去には、ベンゾジアゼピン系が多く、ハルシオン錠は事件にも。。

その後レンドルミン錠、マイスリー錠が人気の座を占め、更に、現在はそのジェネリック達、という塩梅になりました。

どの薬も、不眠症を治癒させることはできませんでしたね。

最近の、ゾピクロン、エスゾピクロン、DORA、どれも向精神薬ではありません。

従って、向精神薬のたなは寂しくなったわけです。

 

でも、人間は、そんなに単純なモノじゃないと思うのですが。。