読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師やってます。

勤務・薬局経営を経験した薬剤師が業界の話題からつぶやきます。子供を亡くしたため、精神世界のハナシもあるかも。

鉄の運搬(ヒトの体の中!のハナシ)

ほうれん草を食べる→ 分解され、鉄イオンが胃から小腸へ運ばれる→小腸の壁にフェロポルチンというペプチド(蛋白質の小さいヤツ)がいて、鉄イオンをパクリとのみこむ→さらにフェロポルチンは小腸の微小血管中にこの鉄イオンをオシリから排出する→結果、鉄イオンは血液中を流れてゆく。ということですね。

 

すると、胃摘出患者が貧血になり易いというのはどうなるのでしょうか?

いつも思うのですが、物質が運搬されていくという事自体が不思議な事です。細胞内の核から細胞質へ、さらに細胞膜を透過して細胞外へ、この運搬機能がなければ生命活動ができないのです。考えれば考えるほど、不思議だと思うのですよね。。。