読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師やってます。

勤務・薬局経営を経験した薬剤師が業界の話題からつぶやきます。子供を亡くしたため、精神世界のハナシもあるかも。

聞き捨てならない 「全体の水準を1/2程度に引き下げつつ・・、」という発表

財政制度等審議会 財政制度分科会

『調剤技術料・・形骸化している、など、「意義を見出しにくい」との批判。中略

28年度改定においては、、まずは、全体の水準を1/2程度に引き下げつつ、投与日数に応じて点数の伸びが 逓減していく配分とし、段階的に定額化を進めるべき。』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大手調剤薬局 アインファーマシーズ日本調剤クオール東邦ホールディングススズケンの5社 (と明記)は相当、おかみに憎まれているらしい。兎に角、退治したくてたまらない、という憎悪感を感じる。そんなに儲けさせる事がダメなら、商売、という看板をおろさせて、薬局を市役所みたいに公共機関にしたらいいのに。。そうすれば、公務員が利益度外視した仕事ぶりで、福祉の精神で仕事をやってくれるでしょう。それを民は望んでいるだろうか?

実際、1/2に収益を減らされたら、薬局はやってゆけない。まあ、審議会の言い分がそのまま通ることはないとは思うけど。。。

『かかりつけ医以外を受診した場合(地域包括診療料が適用されない場合)に、定額負担を導入すべき。』

これも、どうかと思うけど。かかりつけ医になってもらいたい医者がいないから、患者は大手病院に行っちゃうんじゃない?