読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師やってます。

勤務・薬局経営を経験した薬剤師が業界の話題からつぶやきます。子供を亡くしたため、精神世界のハナシもあるかも。

薬局の裏事情?

4月に薬価(保険で使う薬の価格)が下がる事が決まりました。

毎度の事ではありますが、

薬局にある在庫の薬(数百万円から数千万円、大手では?億円かな)の価格が目減りするという、悲しい出来事が起こるわけです。

以前は、卸がその分泣いてくれる(在庫についての値引き)という時代もあったのですが、現代は、そー甘くはないのです。

例えば、仕入100円で買った物が、95円でしか売れないと、国で決めるという現象・・・

どうして薬局が損をこうむらなければならないのか、blueには理解できません。

患者さんが処方せんを持ってきても、薬が欠品して、不便をかけようがどうしようが、在庫を絞るほかない!

今は、そんな時です。

全国の患者様、許して!!