薬剤師やってます。

勤務・薬局経営を経験した薬剤師が業界の話題からつぶやきます。子供を亡くしたため、精神世界のハナシもあるかも。

器官のサイズは体の大きさに対し一定

体や器官のサイズがどのように制御されているのかはながらく不明であったが,近年,その分子実態が明らかにされつつある.体のサイズは骨形成により制御され,骨形成の制御は成長ホルモンおよびインスリン様成長因子により担われる.一方,器官のサイズは細胞の数および大きさにより制御される.

 

器官のサイズの制御の破綻によりがんを発症することが示され,個体の維持において器官のサイズの制御が必須の役割をはたすことが明らかにされた.

 

インスリン様成長因子とHippo-YAP/TAZシグナル伝達経路とのクロストークは,この機構を解明する鍵になる可能性がある.宮村憲央・仁科博史

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

体・臓器の大きさを制御する遺伝子がおかしくなったら、癌化する、というのは、

分かりやすい気がする。