読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師やってます。

勤務・薬局経営を経験した薬剤師が業界の話題からつぶやきます。子供を亡くしたため、精神世界のハナシもあるかも。

悪評高い かかりつけ薬剤師制度

「かかりつけ薬剤師制度はボディーブローだ」

「見境ないノルマで薬剤師全体が足ひっぱられてる」

などなど、薬剤師からは文句が多い「かかりつけ薬剤師制度」ですが、

先日、「2百数十件のかかりつけ承諾書を取った」

と研修会で披露している薬剤師がいましたっけ。

フフ、チェーン調剤のやとわれ薬剤師はたいへんそうです。

なぜ、こんなことになってしまったのか、といえば、

そもそも、現在のチェーン調剤のように、薬剤師の免許を持つ(内容は関係なく)人さえ店にいれば店がバカスカ儲かるしくみを作った厚生労働省がオカシイのです。

 

blue は、薬剤師、看護師、化学系出身者と、部下として色々経験しましたので言うのですが、薬学部の卒業生は、世間で考えられているより賢いです。

何とか、もっとうまく生かす方法があれば良いのですが、

残念、非力なため、何もできずに年だけとりました(泣)。

 

ンー、6年制になって、ただでも人気が下がっている受験生家族には、

見せたくない記事ですね。。6年制薬学部は費用対効果がうすいのだそうですが

さらに、バッカみたい! と言われそう。。。

 

ところで、訪問看護ステーションは、24時間体制をしいていますが、

一人の看護師が特定の利用者専任制、なんてバカな事はしていません。

できない事を約束するのは、無責任というものです。

輪番制なのでそのかわり、カウンセリングのような対応を期待される電話受けとかは不可能です。厚生労働省も、そんな事をやれと期待してはいないでしょう。

「かかりつけ薬剤師」制度も、何も24時間電話を受けろとか、そんな事を期待してはいないでしょう。現状では、週1~2日しか出勤しない、中には1日1時間しか来ないパートや派遣薬剤師もいるとか、しかも、数年だけ働いてすぐやめてしまう・・それでも薬の数を数えるだけならできてしまうけれども、あまりに無責任。

それで、おそらく、少しは責任を持てよ! という事なんだろうと思うのですがね。

 

患者の側からは、どうなのでしょう?おそらく、数十円高い「薬代」を払う事になるのでしょうけど、かかりつけ承諾書にサインしてよかった、と感じるのか?

 

まあ、患者無視、の保険制度なので、関係ないのかも!!