薬剤師やってます。

勤務・薬局経営を経験した薬剤師が業界の話題からつぶやきます。子供を亡くしたため、精神世界のハナシもあるかも。

基本のキ・糖尿病薬

糖尿病・・食べたごはんやパンを糖に分解しても、体に取り入れる能力(イスリンの分泌など)が不足している、又は肝臓で糖を作る量が多すぎる。そのため、高い濃度の糖が長い間血管内をめぐる事になり、そのため、血管を痛め、神経なども障害される病気。

糖尿病薬の色々

★SU剤・・インスリンを分泌させる経口剤(オイグルコン、アマリール)

★ビアグナイト・・糖の生産を抑える経口剤(メトグルコ、グリコラン)

★αGI・・糖の分解速度を遅くする経口剤(ボグリボース、セイブル)

★DPPー4阻害剤・・インクレチンを高める経口剤(スイニー、ジャヌビア)

★SGLT2阻害剤・・糖を排泄させる経口剤(ジャディアンス、カナグル)

★GLPー1・・インクレチンの注射(バイエッタ、ピクトーザ)

★インスリン・・インスリン注射(ノボラピッド、ランタス

など

なぜ、こんなに種類があるの?ってびっくりしますね。 

 今までの薬は効かなかったり、逆に血糖値が下がりすぎて倒れてしまたりする副作用が多く、改良が必要だったのです。

DPPー4 や、SGLT2は、かなり良く効くようですが、やっぱり効かない人もいます。