読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師やってます。

勤務・薬局経営を経験した薬剤師が業界の話題からつぶやきます。子供を亡くしたため、精神世界のハナシもあるかも。

本当に役に立つ薬は・・延命の逆の効果の薬

ある老人ホームに入所中の患者さんの、総合病院からの診療情報をみてのつぶやき・・・・

その紹介状には、「患者さんは貧血があり、腎障害が原因と考えられるから、葉酸とビタミンB12を投与しました。現在、症状は安定している、」と。

しかし、老人ホームの担当医師は、葉酸もビタミンB12も継続投与しなかったのです。

JAMA Intern Med誌  (先月版)では、葉酸が腎機能低下に有効である記事を載せているようです。

しかし、「フォリアミン」の添付文書には、腎機能障害に適応はなく、

総合病院でなぜ、フォリアミンを処方できたのか、ちょっと不思議です。

多分、個人的な趣味???

葉酸は妊婦にはOKですが。

 

一方、葉酸は、透析患者の機能低下を予防する効果がある、といわれてもねえ。

80歳、90歳の透析患者は機能低下を予防するより、早く死にたいんじゃ??

 

機能低下を予防する薬、認知症の進行を予防する薬より、症状の進行を早める薬の方が本人。家族の役に立つのでは・・

と思う今日このごろです。