読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師やってます。

勤務・薬局経営を経験した薬剤師が業界の話題からつぶやきます。子供を亡くしたため、精神世界のハナシもあるかも。

アルツハイマー診断薬の効用はいかに?

アミヴィッド静注は、アルツハイマー認知症が疑われる認知症機能障害を有する患者の脳内アミロイドβというタンパク質のプラーク(沈殿物)の蓄積を可視化することができる放射性医薬品。通常、370メガベクレルを患者の静脈内に投与した後、30分から50分後までにPET(陽電子放射断層撮影法)で脳内を画像検査する。提供元:CBnews

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、K子さんから電話があり、父親が奇怪な行動をするが、認知症のせいなのかどうか心配だ、という、よく目的がわからない相談があった。父親は、既に認知症の診断がされていて、アルツハイマー病薬も処方されているが、「その奇怪な行動」が認知症の症状の一端でなかったとしたら、いったいK子さんはどうするというのだろうか?

主治医に訴えると精神病院を紹介されるので、受診はさせたくないという。

こういう患者様家族には、上のような検査をして、「アルツハイマー度は・・ですよ」と言ってあげると良いのだろう、と思ったので、とりあえず、アップしました。

マ、検査しなくともうまく「よりそえる」術があるお医者様が一番の名医だとは思いますが・・・