薬剤師やってます。

勤務・薬局経営を経験した薬剤師が業界の話題からつぶやきます。子供を亡くしたため、精神世界のハナシもあるかも。

お役所の考える事は、実はあっても使わせない「制度」を作ること

ケアマネ相談業務で相談されることって、意外とお金の事が多いのですよ。

例えば、限度額適応認定証とか、高額療養費制度、とか、

特定疾患の指定申請とか、区役所に何度聞きに行っても、わからない

というのです。何かが不足して申請できなかったり。

役所でなぜ、わかるように説明しないのだろう?

って言ってみたら、先輩からこう言われました・・・

「今 日本は、受給者を追い詰めているのだ。制度がわかってしまったら、

国が悪い事になるだろう?だから、追い詰めて、わからせないのだ。」

 

なーるほど。

制度を作り、対策しているように見せかけ、

実は、使わせない、

それがバレると困るから、「説明しない」

 

でも、「日本」っていったい何なの?

「日本」は「私達」かと思っていたけど・・・・