薬剤師やってます。

勤務・薬局経営を経験した薬剤師が業界の話題からつぶやきます。子供を亡くしたため、精神世界のハナシもあるかも。

ベーシックインカム(BI)の財源

単純に計算して、もし日本国民全員1億2679万人がBIとして月7万円をもらうなら、年間約106兆円が必要になる。月28万円ならば約426兆円と途方もない額になり、そもそも2015年度の国民所得は338.5兆円なので、まったく現実味がない。
 2014年度の社会保障給付費の規模は112兆円ほどである。仮に、老齢年金・介護保険等(54兆円)、児童手当等(5兆円)、生活保護その他(3兆円)、失業手当(1兆円)など既存の社会保障をすべてBIに置き換えれば、7万円にはなる。ただし、社会保険料収入は65兆円しかなく、税収は不足し多くは借金で埋めているため、持続可能ではない。そもそも、既存の社会保障をすべてBIに置き換えるのか、一部を並存させるのかという点についても、議論が分かれるだろう。東洋経済オンライン平松 さわみ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

AIの発展→失業→ベーシックインカム(BI)

という構図らしい。

生活保護費の支給のために現在かかっている調査や事務のための費用が不要になる分、財源として充てられるという記事もあるが、きっと、金額は大きくはないのだろう。

そうすると、増税しかないという事にかわりはない。

今だって、十分すぎる税金を引かれているのに、なぜ、とサラリーマンは思う。

AIは、賃金が高い分野に取り入れられる。賃金が安ければ、機械やロボットにとって代わられることはない。だから日本の介護業界は、ロボット化しないのだそうだ。しかし、AI化より失業率の低下が先に進むと、BIの可能性は高くなるかも。

 今でさえ、働く意欲が沸かない社会なのに、さらに増税で、BIの7万円もらってもねえ・・・

 ところで、現状の、生活保護の審査はちゃんとしてほしい。

担当している生活保護世帯の老齢男性、この人はいいとして、息子も保護に便乗しているし。彼は働こうという努力はしていない。この人ばかりでなく、便乗型が大勢いると思うと、納得できない気持ちになるよ。