薬剤師やってます。

勤務・薬局経営を経験した薬剤師が業界の話題からつぶやきます。子供を亡くしたため、精神世界のハナシもあるかも。

少ない報酬の取り合いですウ

介護度改善で報酬上げへ 利用者の自立評価・・・・日経9月7日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

要介護度が、例えば2の人が1に下がると、該当事業所にご褒美がもらえる仕組みを作る、ということらしい。

以前から役所では検討されていたが、業界の見方は懐疑的。

想像されるのは、まず、悪くなりそうな人が敬遠されるだろうということ。

良くなるのは、入院中に介護調査を受けた場合。当然、介護度は高く認定されるが、

退院して疾病が治れば介護度は下がる。別に事業者が努力せずとも、ご褒美がもらえてしまう!

一方、いくら努力しても、90歳の人の介護度が改善するとは思えない。

ンン、ということは、利用者によってもサービス度合いを変えるという現象が起きるのか?

いずれにしろ、どの程度の報酬金額になるのか、によりますねえ。

悲しい程の少額であれば、こうして書いていることさえ、バカらしい・・・