薬剤師やってます。

勤務・薬局経営を経験した薬剤師が業界の話題からつぶやきます。子供を亡くしたため、精神世界のハナシもあるかも。

医療ケアマネの経験談・チャッカリ独居の人達

看取りは血縁者でなくても構わないんだ、と思った2例

 

Aさんはアル中。男性。妻に先立たれて悲しみからアル中になってしまい、寝たきりとなり褥瘡までできた。褥瘡の手当てに呼ばれ、訪問するとそこには赤の他人の年上の女性が。

彼女は、オムツを替えたり、褥瘡の洗浄を教えるとそれもやってくれ、結構役に立つ。重宝なので、つい、色々頼んでしまった。

男性の実の子供たちは、「女」が気に食わないのだが、遠方に在住しているため彼女に頼らざらるを得ない。「女」はチャッカリ、男性のお金で、男性の家に居座り、生活している。スナックで知り合った仲らしい。

遠くの親戚より近くの他人、との言葉通りのケースだった。

 

Bさん女性は、がん末期で自宅には介護する人が誰もいないのに、強い希望により退院してきた。退院すると早速、保険会社にチャッカリ、携帯から電話。受け取り人は、「カラオケあらし」の店長。カラオケで知り合ったそうだ。

他人が生命保険の受け取り??不思議に思ったが、ご主人は精神科に長期入院中とのこと。

女性はがんの痛みが強く、体力も衰弱し、ベッドから落ちて、そのたびに「カラオケあらし」の店長から電話がくる。「だってホッてはおけない!」そうだ。赤の他人だけど、鍵を預かり、日夜、看病している。

女性はとうとう、再入院となり、店長の話によると、「病院中に響きわたるような痛みの叫び声を聴きながら」かわいそうな女性を看取ったそうだ。亡くなった後の自宅のレンタルベッドの引き渡しも店長が行った。

これなら、保険金の受け取り人になるのも、ハナシはわかる。

 

人生の最期の時、「唯一の大事な人」は血縁者とは限らないらしい。