薬剤師やってます。

勤務・薬局経営を経験した薬剤師が業界の話題からつぶやきます。子供を亡くしたため、精神世界のハナシもあるかも。

城を老人ホームに ってどうですか?

レビー小体型認知症アルツハイマー認知症と寿命の比較のような記事が掲載されていました。2月18日ケアネット

DLB・・4.11年

AD・・・5.66年

ざっと4~5年の生存率というこの結果は、訪問しているお年寄りの施設の入居者の平均的な在籍年数と合っているように感じます。

しかし、施設入所のきっかけは、骨折による移動困難と想像できる事から、施設の在籍年数は、実は認知症とは関係ないのではとも思えます。

入所してからの転倒骨折が多いことも問題ですが、これは食事費が下げられた事が原因と考えられているようです。要するに、栄養不足で骨折しやすくなっているのですね。

 

現在の80~90歳代と現在の60~70歳代が20年経った将来とを比べると、骨折は減り、別の疾患が増えているような気がします。というのは、栄養状態がよくなっているからです。

骨折しなければ、移動ができる⇒在宅生活の継続が可能となる⇒施設に入る人は別の理由で⇒経済的困難+認知症の人が入所する確率が高くなる。

 

と、こんなふうに思うわけです。

それなら、施設の構造は、わざと階段を作り、複雑な構造にして昔の家屋のように生活感を出す方が良い、と変わるかもしれません。

日本の象徴、美しいお城の構造を見て下さい!

それに比べ、

バリアフリー ってちょっといただけないと思いませんか??