薬剤師やってます。

勤務・薬局経営を経験した薬剤師が業界の話題からつぶやきます。子供を亡くしたため、精神世界のハナシもあるかも。

1分でわかる/認知症の薬

ドネペジル(例 アリセプト錠)、メマンチン(例 メマリー錠)

日本ではとっても良く処方される薬。

でも、おじいちゃん、おばあちゃんの認知症が治ったというハナシはあまり聞かない。

 

フランスでは、これらの薬は健康保険が効かない。だから、飲みたい人は自費。

 

世界中の製薬企業は、認知症の薬を開発して儲けようとしている。しかし、βアミロイドの研究から開発する方法は、どうも失敗したらしい。だから、あんなに流行った”βアミロイドが脳にたまる”、という記事は見かけなくなった。

その代わり、ミクログリアを研究する方面で、新薬の臨床試験が進んでいる。

 

ところで、日本では年々増加している認知症だが、

イギリスでは、3割も減少していると発表された。10年前からの「禁煙」キャンペーンとパン製造業界の協力を得た「減塩」の成果なのだそうだ。

 

要するに、体に悪い事をやめれば、認知症にはならない、ということ。

タバコを吸って悪い空気にし、ゴミをまき散らして悪い水を飲み、ストレスをため込んでメタボになる。

その反対をやればいいだけの事なのに。

薬が効かないといって病院に文句いう前に、

日本もイギリスを見習うのが先なんじゃない??